アップルとりんご

Apple Computerと青森と東北りんごのファンです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

貧困のない世界を創る ムハマド・ユヌス グラミン銀行総裁

グラミン銀行の創始者であるムハマド・ユヌスへのKnowldge@Whartonで行われたインタビュー
グラミンとはバングラディッシュの言葉で”農村”を意味する。農村のための銀行としてマイクロローンをはじめ様々なサービスで、貧困者を支援する。氏は、「マイクロクレジットは、ただお金を貸すのではなく、貧困者が収入を得るための投資としてお金を貸すことであるし、利益を稼ぐためではなく、人々を貧困という状態から抜け出すことを手助けするのが目的である」と言う。グラミン銀行により、貧困から抜け出す女性の子供たちが教育ローンを元に高等教育を受けて、さらに仕事とつくっていく。ユヌス氏の言う、グラミンの子供たちはJob SeekerではなくJob Giverであるべきだという言葉が心にしみる。"Pledge: I shall never seek a job from anybody. I'll create jobs. This is my mission. So you are not job seekers. You are job givers." 2006年ノーベル平和賞を受賞したユヌス氏の直の言葉をぜひお聞きください。英語の筆記録はこちら

ムハマド・ユヌスの著作
貧困のない世界を創る
ムハマド・ユヌス自伝―貧困なき世界をめざす銀行家
グラミン銀行・グラミンフォンに関する著作
グラミンフォンという奇跡 「つながり」から始まるグローバル経済の大転換
グラミン銀行を知っていますか―貧困女性の開発と自立支援
スポンサーサイト
  1. 2009/06/19(金) 11:21:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。