アップルとりんご

Apple Computerと青森と東北りんごのファンです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画 マイノリティレポートのアドバイザーが現実にUIをつくっちゃった。

マイノリティレポートのアドバイザーである John Underkoffler (Obiong 創業者)が トムクルーズが手で様々な情報を扱うユーザーインターフェースを現実のものにした。

TEDの2010年2月のビデオでは、John Underkofflerは5年以内には、この技術を市販できるレベルにすると最期のインタビューで言っている。2015年には実際に使えるかも知れないとするとかなり楽しみ。

 

 

 

関連リンク

Techcrunch 記事 マイノリティリポート』に最も近い、Oblongの空中動作認識 ..

Oblong home

スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/06/08(火) 21:00:00|
  2. Tangible_User_Interface
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プラナブ・ミンストリーのビデオが日本語化された

昨年11月にこちらのブログの記事でご紹介したプラナブ・ミンストリーのSixth Senseのビデオが日本語化されました。

Sixth Senseというデバイスは、(実際にはビデオをみていただけば一目瞭然)、プロジェクター・カメラ・携帯電話を有機的に繋げたもので、プロジェクターが映し出す画像を、指先の動きをカメラで捉えて、コントロールするものです。

字幕がついた画像をぜひ、ご覧ください。ビデオの下の方のView Subtitleをクリックすると言語の選択ができるので、Japaneseを選べば、字幕つきでご覧になれます。

テーマ:携帯&モバイル関連ニュース - ジャンル:携帯電話・PHS

  1. 2010/03/03(水) 20:17:00|
  2. Tangible_User_Interface
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sixth Sense 「第六感」のソフトウェアがオープンソースで提供される

以前にも、ブログで取り上げたのですが、MIT Media Labの学生である、Pranav Minstry さんが TEDxIndia で進化したSixth Sense ”第六感"デバイスを紹介しています。前回は、担当教授の講演だったが、今回は開発者である Pranav さん自身の、彼の興味の歴史とデバイスの進化を語っています。

Sixth Senseというデバイスは、(実際にはビデオをみていただけば一目瞭然)、プロジェクター・カメラ・携帯電話を有機的に繋げたもので、プロジェクターが映し出す画像があり、それを指で操作する動作をカメラが捉えて認識する仕組みである。イメージとしてはiPhoneの画面の部分をプロジェクターで投影し、その画面をiPhoneと同じように指で操れるというもの。

もっとも驚いたのは、このソフトウェアをオープンソースで提供する予定であることです。これをベースにベンチャーを立ち上げることもできると思うのですが、オープンソースで提供するというのがすごいことだと思います。講演の中で一ヶ月ぐらいで提供するといったのが11月の3、4日ぐらいですから、12月には発表されるのでしょうか?


javascript:void(0)
いずれにしても、このソフトウェアを用いて、日本企業に一番乗りで製品化してほしいものです。百聞は一見にしかずですので、ぜひ、ご覧になってください。

テーマ:携帯&モバイル関連ニュース - ジャンル:携帯電話・PHS

  1. 2009/11/20(金) 13:41:00|
  2. Tangible_User_Interface
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。