アップルとりんご

Apple Computerと青森と東北りんごのファンです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

悪魔と取引するか?

幾多の名作を生み出したハーバードネゴシエーションプロジェクトが新しい研究成果を発表したようだ。

ハーバード流交渉術 (知的生きかた文庫)に始まり、最強 ハーバード流交渉術―仕事が100倍うまくいくNoの言い方を経て、新ハーバード流交渉術 論理と感情をどう生かすかに辿り着いた、ハーバードネゴシエーションプロジェクトが次に薦めるのは、Bargaining with the Devil: When to Negotiate, When to Fight 悪魔と取引するのか?

その最新の講演がAuthours@Googleで公開された。面白いのは、悪魔と取引しなければいけなくなった時に、感情とかモラルに任せるだけでなく、ミスタースポックに聞いてみるといいんじゃないかというくだり。感情を完全に抑制し表情に出さないバルカン人のミスタースポックだったら、こんな提案をするんじゃないか?

ミスタースポックのあまりに論理的な5つの質問とは、
1.自分と相手の利益
2.代替案は?
3.交渉したとき得られる可能性のある成果は?
4.悪魔との取引が本当に実現するのか?
5.取引にかかるコストは?



クローズドキャプションで英語だけど字幕がでるので、ヒアリングがつらい場合にも役立ちます。ぜひご覧ください。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/04(木) 21:27:00|
  2. 交渉術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。